2015年05月31日

感染症予防とマゴットセラピー

戦時中のことを調べていて知ったのだが、傷口を清潔な状態に保てないと、まれにが発生することがあるらしい。私は、死体などに蛆が発生することがあるのは知っていたが、まさか生きている人間に蛆が発生することがあるということは知らなかった。また、驚くことに、傷口に蛆が発生することで、傷の状態が良くなることがあるという。Wikipedia「蛆」のページには、傷に蛆が発生することに関して次のような記述がある。

------------------------------
戦争時や、傷の手当や治療が不十分で不潔な包帯を放置された場合など、傷口にウジがわく場合がある。けが人にとってその感触は極めて不快であるとのことだが、ウジが膿や腐敗した部分を食べることで傷口が清潔になり、むしろ傷の状態がよくなったり、患部を含めた周辺部位まで至る切断や切除を免れる場合がある。第一次世界大戦中、既に傷口にウジが発生した兵士の生存率が突出して高い事には注目が集まっていたと言う。

ウジは、正常な組織や生きている組織を食べることはない上に、殺菌効果のある分泌液を出しながら腐敗した細胞や壊死細胞のみを食べるので、感染症の予防効果がある。また、分泌液は肉芽細胞や毛細血管の再生を促進させる働きもある。

そのため、このことを潰瘍や末期の糖尿病における四肢の壊疽などの治療に積極的に利用する治療法(マゴットセラピー)がある。
------------------------------

私は、これらの記述に関して非常に強い嫌悪感を覚えた。私は、死体を見るのは怖くないが、自分の傷に蛆が発生するのは怖い。なぜなら、私は昆虫が苦手だからである。世の中には、蛆を使ったマゴットセラピーという治療法があるということだが、私は決してそのような治療を施されたくはないと思った。

確か、映画「グラディエーター」には、剣闘士であるマキシマスが怪我をした際、傷口に蛆が発生するシーンがあったように記憶している。その時も、「蛆は傷をきれいにする」という趣旨の内容があったと思う。

------------------------------
No. They will clean it. Wait and see.
触るな。蛆は傷をきれいにする。
------------------------------

現代の日本では、おそらくそのような事態に遭遇することはないだろう。国内では極めて高い水準の医療機関が整備されており、消毒・滅菌の処置が正しく行なわれ、感染症予防には万全の対策が取られているはずだ(と期待している)。

もし自分が大怪我をしたら、傷による感染症で死ぬのと、傷口に蛆が発生して助かるのとではどちらが良いかと聞かれて正直迷ってしまう。しかし、もはやそうなったら、その時はそのような環境に生まれたのが運の尽きだと思って諦めるべきかもしれない。

(Wikipedia)

マゴットセラピー


応援よろしくお願いします。





ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

原因不明の吐き気と背痛

私は時々、人気ブログランキングに出ているブログを見ている。失礼な言い方だが、はっきり言って上位に出てくるブログはつまらないものが多い。その中でも、最近比較的面白いブログを見付けた。「幸せに生きたい@@ネコ達と共に・・・」というブログである。私がこのブログが面白いと思う理由は、頻繁に更新されており、日々の生活や自身の状況が詳しく紹介されているからである。

私がこのブログで他人のブログを紹介すると、その人にプレッシャーがかかるのではないかと思い、今まで書くのを控えていた。私はこれまでにいくつも他人の文章を引用して批判してきた。だから、私がこのブログからリンクを貼ると、それだけで迷惑がかかってしまうようにも思うのである。特に、本人が私の文章を読んだ時の心情は想像し難い。

このブログの著者であるるりおかかさんは、現在30歳で横浜市在住の人物のようだ。性別は不明。大学で生物系を専攻し、生き物が好きで、オカヤドカリを飼っている。彼(女)のブログには、自分のペットや近所で撮った写真が多く、ビジュアルでわかりやすく構成されている。そして彼(女)は、ちょうど1年くらい前にうつ病自律神経失調症で勤務先の保険会社を辞めている。

私は、るりおかかさんの症状に興味を持った。彼(女)のうつ病/自律神経失調症の症状には精神症状と身体症状の2つがあり、それぞれ次のようにまとめることができる。

<精神症状>
仕事中に、人との会話が理解できないことによる精神的ストレス。人が話していることが理解できない、指示が分からない、すぐに忘れてしまう、何度聞き返しても分からないというコミュニケーション能力の欠如があり、そのごまかしが後で判明することに対する不安や焦り、精神的ストレスがある。

<身体症状>
上記の精神症状から発生したと思われる吐き気と背中の痛み。内科・整形外科・循環器科での精密検査では異常なし。吐き気と背痛は主に食後と仕事中に発生し、仕事が終わった直後に治まることが多い。仕事を退職した現在では、外出時や人混みにいる時にこれらの身体症状が現れる傾向がある。

私は普段、あまり人のことを「可哀想」などと思うことはないが、彼(女)は非常に気の毒だと思った。ブログの記載を読む限り、おそらく全ての根源は、人との会話が理解できないというコミュニケーション能力の欠如だろう。これさえなければ、るりおかかさんには何のストレスもなく、それによって引き起こされる身体症状に悩まされることもなかったはずだ。

私は2つの点で興味を抱いた。一つ目は、彼(女)は比較的賢く見えるにもかかわらず、「人との会話が理解できない」という能力の欠如を抱えている点である。ブログを読む限り、彼(女)は非常にきれいな文章を書いている。また、「大学の時に海洋生物の研究職を目指した」という記述からも、非常に知的な人物であることも伺える。このような人物がなぜ、人との会話が理解できないという特定の能力にだけ欠如を示しているのかという点に疑問がある。

もう一つは、身体症状の中でも「背痛」という特殊な痛みである。うつ病の時はしばしば吐き気などの身体症状があるが、私は今まで背痛という痛みは聞いたことがない。また、私個人としての感想として、うつ病の際に感じる吐き気は特に大きな日常生活上の支障ではないため、「仕事中に意識を失うほどの痛み」というのはいささか理解し難い部分がある。(決して否定はしていない。)

私は彼(女)のブログを読み、非常に気の毒に思った。今の彼(女)の状態では、すぐにフルタイムの仕事に復帰するのは難しいだろう。彼(女)自身も書いているように、最初は福祉就労で就職先を探し、自信がついたら一般就労に切り替えていくのが望ましいのではないかと考えられる。

彼(女)のように、能力があると思われる人がメンタルヘルスによって社会から疎外されてしまうのは本当に悲しいことである。実際、「数字に強く、業績を伸ばすのが得意だった」という記述からも、仕事ができる人物には間違いないと思う。

この先彼(女)がどうなるかわからないが、私もうつ病を経験した一人として、るりおかかさんが一刻も早く社会復帰できるように願っている。

(参考)
精神の酷使:会話が理解できない
夢をあきらめるとき
原因不明の吐き気と背痛:経緯


応援よろしくお願いします。





ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

映画「奇蹟の輝き」で表現されていること

昨日、「奇蹟の輝き」という映画を視聴した。この映画は、2014年にうつ病で自殺した俳優ロビン・ウィリアムズが主役を演じているという点でとても興味深い。この映画は、交通事故で死亡したクリスが、自分の後を追って自殺した妻アニーを救うため、危険を冒して天国から地獄へと旅をするというストーリーである。

私は、この映画の予告編をYouTubeで見た時からずっと本編を見たいと思っていた。しかし、私がこの映画を知った時には既に劇場公開は終了してしまっていたので、見ることができなかった。レンタルショップで探してみたり、インターネットで無料公開しているものがないか探してみたりしたのだが、なかなか見つからない。BitTorrentみたいな変なP2Pソフトでダウンロードするのも嫌なので、どうしようか悩んでいた。しかし、最近になってYouTubeの有料コンテンツで日本語吹替版が提供されていることを知り、400円(HD版)を支払って視聴することにした。

で、感想はと言うと、予想した以上に良い映画だった。他サイトでの映画レビューも高い評価だったので、見る前から悪い映画ではないだろうと思っていたが、期待を裏切ることなく1時間45分を楽しませてもらった。

私にとってこの映画は何が良かったのだろうか。まず最も良かった点は、映像がキレイだという点である。この映画は「天国」という概念を扱うため、日常とは異なる視覚効果が多く取り入れられている。そのため、人や物が空を飛んだり、遠くの景色を広く映したりするシーンが多く、高い解像度で見なければならない。そのため、有料コンテンツでちゃんと見ることができたことは非常に良かった。

次に、「死後の世界」という概念についてである。この映画では、「死後はこうなる」という原理について、可能な限り現在のスピリチュアル的な考え方に基づいて作られている(と思う)。例えば、次のような考え方である。

【映画で表現されていた死後の世界】
・死後の世界は自分の意識が周囲の全てを作る。
・死後の世界には時間の概念がない。
・死後の世界にも仕事がある。
・死後は自分の好きな姿でいることができる。
・望めば生まれ変わることができる。
・自殺した者は正気を失い、自分の意識にはまり込んで動けなくなる。

この映画「奇蹟の輝き」は1998年に作られたものだ。当時はまだアメリカでも精神世界について流行っていなかっただろうから、それを考えると、現在に至るまで忠実にこういった考えが再現されているところは素晴らしい。(日本で精神世界が流行り始めたのは、2000年を過ぎた辺りからだと思う。)私が思うに、この映画で死後の世界について描写されていることは、現実的にもかなり近いのではないだろうか。

この映画の中で私が最も気に入ったシーンは、先に亡くなった娘マリーが、アジア系の女性の姿から生前の娘の姿に変わるシーンである。このシーンは非常に美しい。娘のマリーは、生前に飛行機の中で会ったことのあるアジア系の客室乗務員の姿でクリスの前に現れ、それをクリスに隠していたのであった。

クリスの娘マリー.jpg

この映画は、おそらく死後の世界を信じない人には全く面白くないだろう。比較的評価の高い映画ではあるが、好みの別れるところだと思う。特に、感動映画を好まない人は見るべきではない。そういう人がこの映画を見ると、「何が良いのかわからない」という感想になるだろうから。

スピリチュアルな世界に興味のある人は、ぜひともこの映画を見て自分の考えと照らし合わせてほしいと思う。この記事を読んで、映画を見てみようと思う人がいたら幸いである。

(YouTube)
What Dreams May Come Official Trailer
奇蹟の輝き (日本語吹替版)
(Wikipedia)
奇蹟の輝き
ロビン・ウィリアムズ
(参考)
俳優ロビン・ウィリアムズさんの自殺について


応援よろしくお願いします。




ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 映画・TV・音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。