2015年10月06日

言葉の意味の理解の仕方

なぜこんな話になったか忘れたが、先日友人と話していたところ、「『高級品』という言葉の対義語は何か?」という会話になった。読者の方には少し考えてみてほしいと思う。あなたは「高級品」という言葉の対義語をすぐ思いつくだろうか。

すぐに思いつくのは「低級品」「低俗品」などの“高さが低い”という意味を成す言葉である。しかし、おそらくこの言葉は日常会話ではあまり使われないだろう。私たちは、この会話が面白かったので、次のようにいくつかの候補を出してみた。

【「高級品」の対義語となり得る言葉】
低級品、低俗品、粗悪品、普及品、一般品、低価格品…

まず、少なくとも「高級」という言葉の対義語は明らかに「低級」である。しかし、「高級品」という言葉の対義語は、「低級品」にはならない。なぜなら、お店の従業員は、価格の安い商品を「こちらは低級品です。」とは案内できないからである。もし、お店の従業員がそのようにお客様に案内すれば、「この品を買う人は下等だ」という意味を暗に伝えることとなる。

私たちは最終的に、「高級品」という言葉の対義語は日本語には存在しないという結論に至った。欲を言えば、高級品という言葉は“価値がある”、“価格が高い”ということを意味するので、「廉価品」「大量生産品」が対義語としては適当だと思う。また、文脈的には「高級品」という言葉は、品質が高いことを意味する場合もあるので、場合によっては「粗悪品」や単に「安物」という方が対義語として適当かもしれない。

言葉というのは不思議なもので、誰かが意図的に作ったにも関わらず、類義語や対義語といったバランスが正しく取れていないのである。

ところで、つい最近見たTV番組の中で、「『貯金』と『預金』の違いは?」という質問を見かけた。その番組によると、貯金はお金をゆうちょ銀行(郵便局)に預けることで、預金はその他の金融機関に預けることだという。それは確かに正しい。しかし、もしそんなことを自慢げに説明する国語の教師がいたら、私はそれもどうかと思う。

より正確に「貯金」「預金」の違いを説明すると次のようになる。貯金は、ゆうちょ銀行やその他のあらゆる金融機関を含め、お金を“貯蓄する”ことを意味する。ここで「貯蓄」という単語に同じ「貯」という漢字が使われているのは偶然ではない。また、預金は、お金を金融機関に預ける時の“行動”そのものを意味する。「預金」「払戻」の単語がしばしばセットで使われるのはそのためである。

このように私は、言葉は定義を知ることも大切だが、実際に使用されている場面や、その言葉に含まれるニュアンスも考慮して包括的に使い分けることが重要だと思う。言葉の定義を知るのは簡単だが、意味を理解するのは容易ではないのである。

(参考)
文章中の単語・表現・記号について
文章のリズムと単語選び


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。