2015年10月09日

人格の荒廃と知的障害

精神医学のことを調べていると、時々、「人格が荒廃している」という表現が見られることがある。先日、kyupin先生「経過中、突如、うつになるのは脳が生きている証拠」という記事を読んでいて、抑うつにならないのは脳が死んでいる人だということが理解できた。しかし、その直後に、それはどういう人のことを指すのだろうかと疑問に思ったのも事実である。おそらく、kyupin先生は、脳が死んでいる人のことを、“荒廃している人”だと言っているのだろう。しかし、私には「荒廃」という言葉の意味があまり具体的にイメージできなかったのである。

普通の国語辞典を調べてみても、「荒廃」は「荒れ果てること」としか意味が書かれていない。しばらくいろいろと調べてみて、唯一、「人格の荒廃とは、最低限のこと(身の回りのことをする、他人と会話する)などもせず、人間らしい豊かな感情もなくなったような状態である」との記述を見つけることができた。どうやら、「荒廃」とは、ある人が人間から動物に退化したような状態を指すらしい。

kyupin先生は、人格の荒廃を、病棟内で他の患者さんの衣類に自分の名前をマジックで書きまくるとか、保護室に入れているとトイレの汚い水で顔を洗ったり、飲んだりするなどといった行動を具体例に挙げて説明しているが、同時にこのような状態を「破綻している」とか「崩れている」とも表現している。ここまで言われれば、私たちは何とかそのような人の状態がイメージできそうである。

確か、Wikipedia「知的障害」のページには、その人のIQによってどの程度の知的障害があるかが区分けして明記されていた。これについては過去の記事「知能指数(IQ)と記憶力・健忘症」でも取り上げたことがある。

【知的障害とIQの範囲】
<ボーダー(境界域):70〜85>
知的障害者とは認定されない。
<軽度:50〜69>
食事や衣服の着脱をする、排せつなどの日常的な動作には支障がない。しかし、言語の発達がゆっくりで、18歳以上でも小学校5〜6年生の学力にとどまることが多い。
<中度:35〜49>
言語の発達や運動能力の遅れが目立つ。 身の回りの始末は部分的にできるが、全てをこなすことは困難である。日常会話や集団行動は、成長とともにある程度は可能になり、仕事では単純作業であればこなすことができる。
<重度:20〜34>
言語・運動機能の発達が遅く、学習面ではひらがなの読み書き程度に留まる。日常会話は年齢と共に可能になるが、簡単な受け答えしかできない。
<最重度:19以下>
言葉が発達することはなく、叫び声を出す程度にとどまることがほとんどである。身の回りの処理は全くできず、寝たきりの場合も多いほか、親を区別して認識することすら難しい。

私は、知的障害者に感情がないとは言わないが、「荒廃している」と言う場合、おそらく外見的にはかなり動物に近い状態ではないかと推測する。事実、統合失調症が疑われる患者に心理検査を実施した場合、かなり酷い結果が出ることもまれではないらしい。私は一般人なので、そのような常軌を逸した人々に会ったことはないが、もし会ったとしたら、あまりの異常さにカルチャーショックを起こしてしまうかもしれない。

今日は文章の上手い締め方が思いつかないので、まとめの代わりに、kyupin先生が記事「統合失調症の荒廃と器質性荒廃の相違点」の中で書いていた文章を引用しておく。

------------------------------
器質性荒廃の人は頭髪の量が多く、しかも伸びも早い(子供の頃から、散髪屋や美容院で指摘されていたりする)。ひょっとしたら、薬物の忍容性の低さと関係があり、未知の内因性発毛因子に敏感なこともあるのかもしれない。
------------------------------

このように書く点からも、kyupin先生が人間の脳そのものに興味を持ち、人体の神秘を解き明かそうとしていることわかる。もし私だったらきっと、「この人毛深いな」くらいにしか思わないだろう。

(Wikipedia)
知的障害
(参考)
経過中、突如、うつになるのは脳が生きている証拠
統合失調症の荒廃と器質性荒廃の相違点
器質性荒廃


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 精神疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。