2015年10月12日

自律神経調整薬の効果と副作用

仮面うつ病自律神経失調症は、症状が非常に似ているらしい。けれども、治療法は全く異なるという。というより、仮面うつ病と自律神経失調症の症状はほぼ同じなので、心療内科の医師でさえも判断するのが難しい。しかし、そのような場合、医師はどのように治療法の選択を行うのだろうか。

基本的には、仮面うつ病には抗うつ薬抗不安薬が投与されるのに対し、自律神経失調症には自律神経調整薬が投与される。ただ、患者にとって疑問なのは、この2つの薬物の選択を間違えた場合、治療に際してどのような問題があるのかということである。

そもそも、抗うつ薬や抗不安薬がどのような働きをするのかは周知の事実だが、自律神経調整薬となると、一体どのような働きをする薬物なのかが明確でない。そこで、下記の通り、抗うつ薬や抗不安薬と比べて自律神経調整薬がどういった効果を持つのか調べてみた。

【抗うつ薬】
抑うつ気分やパニック障害などの気分障害に処方される薬
(商品例) ジェイゾロフト、パキシル、リフレックスなど。

【抗不安薬】
不安を抑えるために処方される薬
(商品例) リボトリール、メイラックス、デパス、ワイパックスなど。

【自律神経調整薬】
頭痛や肩こり、全身倦怠感などの心身症を抑えるために処方される薬
(商品例) ジヒデルゴット、ハイゼット、グランダキシンなど。

上記の通り、どうやら自律神経調整薬というのは、自律神経失調症によって現れた症状に対して個別に対処するための薬物のようだ。つまり、自律神経調整薬は、向精神薬というよりは内科薬に近い。精神症状ではなく、身体症状に強く作用するからである。例えば、ジヒデルゴットは頭痛や低血圧などに効き、ハイゼットは腸の調子を整えるといったように、特定の身体症状に作用する。

とはいえ、自律神経調整薬も自律神経の中枢部分に作用する薬である。自律神経調節薬は交感神経副交感神経のバランスを調整する薬であるため、脳に作用して効果を発揮する。そのため、もしかしたら向精神薬と同じく自律神経調整薬を敬遠する人もいるかもしれない。しかし、自律神経調整薬は抗うつ薬や抗不安薬に比べると副作用が少ないとのことである。既に精神症状が前面に出ている人にとっては、自律神経調整薬はあまり良い選択肢にならないが、副作用を回避するという意味では、向精神薬ではなく、自律神経調整薬を選ぶのはありかもしれない。

私は、医師が、患者に出ている症状が仮面うつ病と自律神経失調症のどちらなのか区別がつかない場合、どのような判断をするのか調べてみた。しかし、どうも心療内科の医師にとっても両者を明確に区別する方法はなさそうである。たぶん、よくあるのは、いろいろな薬を使ってみて、患者に合ったものを継続するというやり方だろう。向精神薬の選択をする際にやる方法と同じである。

実際のところ、その患者が仮面うつ病と自律神経失調症のどちらなのかは医師にとってもどうでもよくて、医学的に定義が分かれているだけに過ぎないのではないだろうか。確かに、どちらも同じような原因で発症する病気であることに違いないし、患者からすれば、症状が同じなのだから似たようなものだ。

(参考)
どっちなの?仮面うつ病と自律神経失調症の違いと見分け方
自律神経調節薬の特徴・副作用など
自律神経調整剤の検索結果 - くすり・薬検索 - goo辞書


応援よろしくお願いします。






タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。