2015年10月24日

月経前症候群(PMS)とホルモンについて

私は男なのであまり気にしたことがなかったが、女性には月経の周期とともに身体や精神に影響を及ぼす月経前症候群(PMS)という疾患がある。この疾患は女性にはごく一般的なものだが、人によっては月経の1〜2週間前から下記の症状のいくつが強く出る場合があり、注意が必要だという。

【月経前症候群(PMS)の症状(一部)】
・頭痛、肩こり
・イライラする
・胸が痛む・張る
・便秘、下痢
・不眠、過眠

こうした症状について、私はおぼろげながら知ってはいたが、男の私には直接関係がなく、これに対する対処法を積極的に論じるのもどうかと思ったので、これまでの記事で扱ったことはなかった。ただ、女性の場合は、こうした月経前症候群(PMS)で現れる身体症状以外にも、体内に存在するホルモンの構成上、一か月に何度も精神的な変化が現れる傾向があると知り、少し興味を持ったのである。

女性が生理前にイライラするというのはよく聞く話である。女性が生理前にこのような精神症状を表すのは、ホルモンと呼ばれる体内物質の働きが影響している。面白いことに、女性は男性と異なり、一か月で4回性格が変わると言われる。それは、女性の精神に影響する4つのホルモンのせいなのである。

【女性の精神に影響するホルモン】
・エストロゲン
・プロゲステロン
・オキシトシン
・テストステロン

女性の体内では、生理が始まるまでの約4週間の間にこれらのホルモンが別々に分泌量を変え、精神に影響するため、突然イライラしたり、悲しくなったりと次々と性格が変わったように見えるらしい。

男性の場合は、これらの4つのホルモンのうち、テストステロンしか分泌されない。しかも、女性のように分泌量が増減しないため、安定した精神状態を保つことができる。そのため、なかなか女性のような難しい心を理解できず、女性のことを「面倒くさい」「性格がコロコロ変わる」と思う原因になっているようだ。(これは残念だが、事実なので仕方がない。)

このように、男性と女性が関わる際には、女性に対する理解を深めることが必要である。基本的に、現在の日本ではこのような性教育が徹底されておらず、女性のホルモンバランスのことを理解できていない男性が多いと思われる。そうなると、女性の身体に対して無知な男性が、女性のことを理解できず、妙な偏見にもつながりかねない。男女がよりスムーズに社会で共生するため、このような性の違いを学べるような取り組みが必要だろう。

(参考)
女社会はなぜ陰湿なのか
女性ホルモンについて


応援よろしくお願いします。





ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 疾病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。