2015年10月27日

自動書記に対する考察

スピリチュアルな現象の一つに、「自動書記」というものがある。霊能力者チャネラーと呼ばれる人々が、無意識的にペンを動かして書くというものである。これは歴史的には比較的古くからあるものだが、近年ではパソコンでタイピングする自動書記もあるらしい。

例えば、ニール・ドナルド・ウォルシュ「神との対話」や、ヘレン・シャックマン「奇跡のコース」(ACIM)などは自動書記で書かれたものとされている。自動書記で神や高次元の存在につながると、人間の知識だけでは書けない素晴らしい知識を創出することができるというわけである。

私が見る限り、自動書記というのは、科学的に解明できない最も怪しげな能力の一つである。ただ、精神世界のブームが浸透してきた近年では、自動書記に対する理解もやや変化しているように思える。例えば、精神世界に関する理解が全くなかった20〜30年前までは、自動書記で高次の意識につながれば、人類の偉大な問いに対する回答をも得ることができるというのが多くの人の理解であった。しかし、最近では、文章を書くのに集中することで、自分の意識が研ぎ澄まされ、普段はひらめかないようなインスピレーションが得られるのが自動書記と理解されているのではないだろうか。

ここでは自動書記を、「自分を客観的に見る意識」として考えてみよう。自分が悩んでいることに対して、会話文で答えが返ってくるかのように文章を書いてみる。

「どうして私の人生はこんなにうまくいかないんでしょうか?」
「九条君、君の人生の一体何がうまくいっていないというのかね?」
「仕事は大変だし、給料もすごく少ないんです。これでは破産してしまいます。」
「君は今まで一度も破産したことなどないではないか。」
「それはそうですが、毎日とても不安なんです。」
「不安は怒りにつながる。あるがままに意識を集中しなさい。」

こんな感じである。やってみると、自動書記につながっていなくてもけっこうまともな会話が書けるものである。(神との対話のパクリっぽいところはある。)これを自分でやってみるとわかるが、つまり、別に自動書記は、“会話文で意識が下りてくる”というものではないらしい。

私はけっこう他人のスピ系のブログを読むが、時々書いてあるのは、意識が高次元の存在につながると、「書くつもりでなかったことが急に出てくる」「書く前にイメージが頭に浮かぶ」「書いていいことか悪いことかがすぐわかる」というようなものである。これなら便利だし、私にも時々ある。しかし、これらは自動書記と呼ぶにはやや貧弱だと思う。

大体、こういったものを自動書記と呼んでしまうのなら、私はいつも自動書記でブログを書いていると言える。すなわち、私の場合は非常に集中すると、アイディアが次々と生まれ、文章にキレが出てくるが、これは誰にでもあることだと思う。また、私が意識を研ぎ澄ませた状態でPCに向かっていると、普段考えもしないインスピレーションが生まれることはあるが、自分が全く知らない知識が何者かによって授けられることはない。要するに、自動書記は脳内の家庭教師ではないのである。(知らないことは教えてくれないということ。)

基本的に、ここ最近のスピリチュアルな考え方では、守護霊などの高次元の存在からのメッセージは、自分の人格が向上しないと受け取れないというのが主流だ。そういう意味では自動書記も決して例外ではなく、人のためになろうという強い意志や、感謝の気持ちがなければ、自動書記という形では現れてこないのかもしれない。

だったら、私の場合は自動書記ではなく、もっと現実的に良い文章を書くスキルを身につける努力をすべきだろう。

(Wikipedia)
オートマティスム
神との対話
ACIM


応援よろしくお願いします。





ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。