2014年05月21日

赤りんごと青りんごの栄養価の違い

私は一人暮らしで料理が全くできない。朝食は毎朝食べないし、平日の昼食はほとんど同僚たちと外食である。夕食も仕事が遅くなる日は食べないし、食べてもコンビニのおにぎりとかパンという場合が多い。つまり、一日1.5食という日が5日間連続で続いていることになる。(私が朝食を毎朝食べないのは、IBSを患っていて、午前中はあまりお腹の調子が良くないということにも起因している。基本的に胃腸虚弱の体質なので、食事を多く摂らない方が身体が軽くすっきりとして調子が良いのである。)

平日の外食では、大体食べるものは決まっていて、定食系、ラーメン、パスタなどが多い。私は、外食の時にはなるべくサラダ付きメニューなどを注文するようにしているが、栄養が偏っているだろうというのは認識している。もっと、乳製品、大豆製品などの良質なタンパク質を摂る必要がある。自宅で料理をしろと言われればそれまでだが、私の家には調理器具や調味料がほとんどない。現在、家にある調味料は醤油だけである。

最も困るのは、休日の食事である。休日は、自分で料理を作れないので(というか、作る気が全くないので)、コンビニで弁当などを買ってきて済ましているが、もうこれも何百個も食べた気がして食欲が失せている。それ以前に、私は毎日コンビニ弁当や外食という生活を何年も続けていて、食べたいものがあれば何でもすぐ食べられるので、もう何も食べたくないのである。

そこで考えた。休日に家にいる時は何を食べたらいいだろう?調理の必要がなく、栄養価が高くて、コンビニに売っていて、それほど飽きがこないもの…。そうだ、果物はどうだろう。私の近所のコンビニには、野菜や果物も少しは売っている。時々買うのがりんごバナナだが、これらがなかなか飽きなくてよいのである。栄養価も高そうだ。しかし、りんごには赤りんご青りんごがある。これらに栄養価の違いはあるのか?ちょっと調べてみることにした。

【赤りんごの品種】
ふじ、レッドデリシャス、紅玉(ジョナサン)、国光、津軽、千秋、アルプス乙女、姫小町、世界一、印度、旭(マッキントッシュ)※、フラワーオブケント、シナノスイート、秋映、陽光

※「旭(マッキントッシュ)」というりんご、ネーミングが適当すぎないか?

【青りんごの品種】
王林、祝

【黄色りんごの品種】
ゴールデンデリシャス、シナノゴールド、ぐんま名月

調べてみたところ、りんごには、赤と青だけでなく、黄色の品種もあるのだそうだ。これについては、私は初めて知った。黄色のりんごは、見た目は別に不自然な感じはしないが、てっきり赤く熟す前の段階で収穫されるものかと思った。しかし、そうではなく、ちゃんとした黄色の品種なのだそうだ。これらはスーパーなどでもあまり見かけない。(というか、見かけても気付かないだろう。)

では栄養価はどうか?残念ながら、黄色りんごの栄養価に関する情報は調べてもあまり出てこなかった。しかし、赤りんごと青りんごの栄養価に関する情報は少しだけ見つけることができた。

結論から言うと、赤りんごと青りんごとで、含まれている栄養成分に大きな差はない。しかし、成分の量という点で若干差があるようだ。青りんごの方が赤りんごより、脂肪の燃焼を促進し、蓄積を抑えるプロシアニジンという成分が多く含まれている。これはポリフェノールの一種で、内臓脂肪を蓄える器を小さくし、肝臓内で脂肪の燃焼を促進してくれる働きがあるそうだ。赤りんごにもプロシアニジンは含まれているだが、熟す過程でアントシアニンという成分に変化してしまう。

これを聞いても、「ふーん…」という感じである。でも要するに含まれている成分が同じなら、赤でも青でもどちらでもいいんでしょと。どちらにしても、りんごには共通して次のような健康増進効果があることは間違いなさそうだ。

【りんごに共通した健康増進効果】
・高血圧予防
・動脈硬化指数の低下
・便秘の解消
・整腸作用、胃腸障害緩和
・貧血
・体質改善(血色増加)
・大腸癌予防

そういうわけで、これから休日には、りんごバナナを主食として生活してみようかなぁなどと考えている。これはこれで、必要とされている栄養成分が偏るかもしれないが、平日にはカロリー高めの食事をしているので、何とかなるだろう。もしかしたら数日で止めるかもしれないが、もう他に食べたいものがないのだったら仕方がない。

今日は、相変わらず私の変人さ加減がよく表れている記事となった。

(Wikipedia)
リンゴ
(参考)
赤りんごと青(黄色)りんごとの違いは?
赤いりんごと青りんご(王林など)栄養価は同じなんでしょうか?
りんごを食べてダイエット
りんごと健康


応援よろしくお願いします。




ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。