2015年08月06日

マッギニスとオードリー・ヘプバーン

先日、書店で美術のコーナーをウロウロしていたところ、ふと一冊の画集が目に留まった。タイトルにはこうある。「アート オブ ロバート・マッギニス:THE ART OF ROBERT McGINNIS」

【ロバート・マッギニスの画集の表紙】
THE ART OF ROBERT McGINNIS.jpg

私は、ロバート・マッギニスという人は知らなかったのだが、この表紙が誰かに似ていると思った。ロバート・マッギニスは米国の有名なイラストレーターである。マッギニスは、1926年にオハイオ州で生まれ、現在は90歳近くにもなる。彼は、映画「ティファニーで朝食を」007シリーズの映画ポスターを描いたことで有名だ。

で、読者の方はお分かりかと思うが、上の絵はどうやらオードリー・ヘプバーンにそっくりらしい。私はこの画集を結局買わなかったので、彼がこの女性をヘップバーンを意図して描いたかどうかはわからない。しかし、彼の描く絵は多くがヘップバーンに似ているように思える。一般に似顔絵を書くことと、女性を書くことは違うが、彼があえて似せてこの絵を描いたとしたらなかなかの作品である。

【画集の表紙(上)とオードリー・ヘプバーン(下)】
Audrey Hepburn.jpg

ちなみに、彼が1961年に映画「ティファニーで朝食を」のために描いた映画ポスターは下記のものである。心なしか、ヘプバーンにはあまり似ていないように思える。私はこのポスターの芸術性に関しては評価できないのだが、実際のヘプバーンはもっと若く、可愛らしい印象がある。このポスターの女性は何だか老けているようだ。

【「ティファニーで朝食を」映画ポスター】
Breakfast At Tiffany's.jpg

この画集の中身をよく見てみると、かなりアダルトな裸の女性が多く描かれている。表紙だけでは語れない部分もあるので、もし気になったら見てみるとよいだろう。インターネットでマッギニスの名前を検索するだけでも多くの作品が見られる。こういった画集は大型の書店にしか置いていないかもしれない。私は立ち読みで終わってしまったが、やはり買えばよかっただろうか。しかし、2,200円もするのでとりあえずお預けである。(興味が長続きするかどうかもわからないから。)

どんな絵でもいいのだが、私は絵が描ける人というのは非常に格好いいと思う。私も絵を描けるようになりたいが、すぐにはできない。それに、私の場合、絵が描けたとしても誰にも自慢できないから、なかなか挑戦する気になれない。ポール・グレアムによると、ハッカー画家には多くの共通点があると言うが、本当だろうか。

(Wikipedia)
Robert McGinnis
オードリー・ヘプバーン
(参考)
バベルの塔・ハッカーと画家・妄想症


応援よろしくお願いします。




ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 映画・TV・音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。