2015年10月15日

内因性でも心因性でもなく

特に辛いことがない時でも、憂うつな気分になることがある。これは一体なぜなのだろうか。例えば、今日は連休明けの月曜日だった。そして、今日私は会社に行く前、なぜだかわからないがとても重い気分になった。仕事が楽しくて仕方がないという人は少ないとして、これは誰にでもあることなのだろうか?

私のここ数か月の生活は、これまでにないほどうまくいっている。仕事も順調に進み、人間関係にも恵まれ、家族は健康である。はっきり言って、身の回りのことがうまくいきすぎて怖いくらいである。人生はいつ何が起こるかわからないという不安は常にあるが、しばらくは今の生活を続けていけるのではないかと思っている。

前は、朝仕事に行くのが嫌だった時、その原因がはっきりしていた。その頃の私は、仕事で大きなストレスを抱えていた。でも、今はストレスがない。いや、自分でストレスを感じていないだけという可能性もあるが、少なくとも自分が望むだけの職場環境は手に入れている。それでも、なぜか出勤する前に憂うつな気分になるのである。それが、私には一番理解できないことだ。

何かで読んだことがあるが、人が人生で困難にぶつかった時にうつ病になるのは、人間の自然な反応なんだそうだ。たぶん、その人は「適応障害」のことを言っているのだろうと思う。本当のうつ病はそうではなくて、人生がうまくいっている時に抑うつ気分や不安といった症状が現れる。と、その人は書いていた。医学的見地から見ると、困難にぶつかった時になるうつ状態は「適応障害」で、何も原因が見当たらない時になるうつ状態は“内因性の”うつ病とされる。

外因性心因性のうつ病が、器質的や心理的な面で原因がはっきりしているのに対し、内因性のうつ病にははっきりとした原因が見つからないことが多い。「内因性」をよく調べてみると、遺伝や体質などが原因と考えられる精神疾患であるとか、個体の内的素因に基づく精神疾患であると書かれている。でも、これははっきり言って意味不明で、内因性という言葉には、「原因不明である」という意味が深く込められているようにしか見えない。

一方で、内因性と心因性はしっかりと切り分けるのが難しいという意見もある。例えば、患者本人がストレスを認識できておらず、内因性のうつ病だと思われていた時に、よく話を聞いてみると、小さなストレスの積み重ねや、何年も前の喪失体験が原因である可能性が高いことがわかったというような場合である。このようなケースもあり、本当にストレスがないのかどうか患者本人が認識できない場合に、そのうつ病が内因性なのか心因性なのか精神科医が判断できないのも仕方がないことである。

このような前提を元に考えてみると、よくわからないが、たぶん私は内因性のうつ病患者ではないだろう。おそらくだが、私がたまに感じる抑うつ気分は、はっきりとしたストレスが原因ではなく、また、遺伝や体質が原因でもない。私が感じている抑うつ気分として一番原因の可能性が高いのは、人間の人生そのものに対する絶望感悲しみである。これは私が自分の心に問い合わせてみて最もそう強く思い当たる。

人間の人生は長いようで短い。そして、何かしようとしても、全てが思い通りにはならない。そういうところに、私は絶望感を感じる。また、人間の心は美しいこともあるが、醜い部分も大きい。私には、それが悲しい。

(参考)
内因性・外因性・心因性
症状を引き起こす原因によるうつ病の分類


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

生まれながらのストレス耐性

ここ数日、私は仕事が今までになく大変な時期に差し掛かっている。システムに欠陥が見つかり、大きな問題に発展しているのである。私は、以前うつ病を発症してからストレス耐性が格段に上がっていると思うが、それでも仕事に行くのが辛い日が続いている。そんな日々を毎日過ごしながら思うことは、どうやら、ストレスというのはその個人に合わせた適度な強度でかかることが必要なようだ。

一般に、ストレスは身体に悪いものとされている。しかし、実際にはストレスは身体に良い面をももたらしている。例えば、適度のストレスは人のモチベーションやる気を高める。それから、ストレスを受けることで、生産性を高めたり、落ち込んだ時の立ち直りを早くすることがある。

私の会社でメンタルの強い人たちを見ていると、彼らは長期的にストレスに晒されているせいで、明らかに脳が麻痺しているように思える。つまり、仕事が大変であることは彼らにとって適度なストレスとなっているのである。しかし、もっとストレス耐性の低い人が同じ程度のストレスを受ければ、その人がどうなるかはわからない。

これまで、うつ病の人の脳はセロトニンノルアドレナリンが欠乏しているだとか、扁桃体が過敏になっているとか言われてきた。しかし、実際にそれが全てのうつ病患者に当てはまるかどうかはよくわかっておらず、うつ病適応障害パニック障害など、異なる診断名によって脳の状態がどう変わってくるのかもはっきりしていない。従って、ストレスにより人の脳はどのように変化するのかぼやけたままである。それが、現代の精神医学の信頼性に欠けている点だと私は思う。

私が、「慣れって凄い」と思うのはその点である。私の同僚で、入社した直後にすぐ適応障害で休職してしまった人も、今では過酷な環境でバリバリ働いている。それは、彼の脳が職場のストレスを中和したということになる。彼は、ストレスに慣れることによって一つの壁を乗り越えたわけである。全ての人間は、その時その時の状況を経験することで、年齢に関係なく一歩ずつ成長していくらしい。

あと、私が一つだけ重要だと思うことは、ストレス耐性というのは、その人の性格・気質によって大きく差がつくようだ。例えば、うつ病になりやすい性格の一つに、几帳面で完璧主義のメランコリー親和型の人たちがいる。彼らは本当の自分を偽って高い目標に向けて努力する傾向があるため、大きなストレスを受けやすい。要するにこれは、メランコリー親和型の人は元々ストレス耐性が低いということを意味するが、それは彼らの生まれながらにして持った性格・気質に依存しているわけである。

私も、どちらかといえばメランコリー親和型の傾向があるため、ストレス耐性が低いのかもしれない。生まれ持った性格・気質によってストレス耐性の高さが異なるのであれば、それは世界が精神面で大きな不平等を形成しているということになる。

私は、人の性格によって生じたストレスの大きさが不平等だとは思いたくない。この点はどうしようもないが、ストレス耐性を高めるには、一歩一歩たくさんの経験を積むことが必要だということである。

(参考)
うつ病は甘えではなく「未熟」なのだ
NHKスペシャル|病の起源第3集うつ病


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

サザエさん症候群は想像の産物だった件

このブログでは、「なぜ月曜日はこれほどまでに辛いのか」という記事もよく読まれているようだ。今日の記事はその関連である。さっそくだが、下の2つの表を見てほしい。(参考)

【嫌いな曜日ランキング】
1位 月曜日(48.70%)
2位 日曜日(6.40%)
3位 火曜日(3.90%)

【好きな曜日ランキング】
1位 土曜日(36.10%)
2位 金曜日(18.60%)
3位 日曜日(9.60%)

2つの表のうち、上の表を先に見ると、嫌いな曜日のランキング1位に月曜日が来ていることがわかる。これは、月曜日は一週間の始まりだからである。しかし、面白いことに、嫌いな曜日ランキング2位には、火曜日ではなく、休みであるはずの日曜日が来ているのである。

また、次に下の表を見ると、好きな曜日ランキング1位に土曜日が来ている。これは、土曜日に入れば土日の2日間の休みが控えているからであろう。では、好きな曜日ランキングの2位を見てみると、そこには日曜日ではなく、何と平日である金曜日が来ているのである。

この2つの表を見てわかると思うが、私たちが曜日に関して好き嫌いを述べる時、常に未来のスケジュールを考えて質問に答えているようだ。日曜日は休みであるが、翌日以降には働くことしか想像できないため、嫌いな曜日となってしまう。そして、金曜日は平日であるが、翌日には2日間の休みが控えているため、多くの人は日曜日よりも金曜日が好きと判断する。

「サザエさん症候群」「ブルーマンデー症候群(月曜病)」は、日曜日の夕方から深夜にかけて、アニメ「サザエさん」を見た後、憂鬱になるというものであった。しかし、普通のうつ病では、日内変動により、起床時〜午前中に最も強い抑うつ気分が現れる。月曜の朝が辛いのは、“月曜日の憂うつさ”“起床時の憂うつさ”という2つの時間的要素が組み合わさっているからである。

ちなみに、うつ病でない健常者でも、日曜日の夜はあまり楽しくないものだ。そして同時に、健常者でも、起床時に気分が良くないことはあり得る。例えば、今の私は出社前の抑うつ気分はほとんどないが、起床した瞬間に、「あぁ今日も仕事か」と憂うつな気分になるのはいつものことである。朝の気分というのは夢から覚めたばかりでまだデリケートな状態だし、人間というのはそういう生き物で、覚醒状態が長いほど気分が高揚するのである。

というわけで、今日の記事は下記の4つの事柄を整理したくて書いている。

【「サザエさん症候群」と起床時の抑うつ気分について】
・「サザエさん症候群」と起床時の抑うつ気分は、時間的に異なる2つの要素である。
・「サザエさん症候群」と起床時の抑うつ気分は、どちらも健常者が経験し得ることである。
・「サザエさん症候群」は想像の産物だが、起床時の抑うつ気分は生理的なものである。
・「サザエさん症候群」の治療は不可能だが、起床時の抑うつ気分は精神科治療によって治療できる。

この記事が誰かの役に立つとはあまり思えないが、うつ病の人が日内変動について考えを整理するための材料となればよいと思う。

(参考)
なぜ月曜日はこれほどまでに辛いのか
日内変動を抑えたいです


応援よろしくお願いします。





タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。