2015年10月12日

自律神経調整薬の効果と副作用

仮面うつ病自律神経失調症は、症状が非常に似ているらしい。けれども、治療法は全く異なるという。というより、仮面うつ病と自律神経失調症の症状はほぼ同じなので、心療内科の医師でさえも判断するのが難しい。しかし、そのような場合、医師はどのように治療法の選択を行うのだろうか。

基本的には、仮面うつ病には抗うつ薬抗不安薬が投与されるのに対し、自律神経失調症には自律神経調整薬が投与される。ただ、患者にとって疑問なのは、この2つの薬物の選択を間違えた場合、治療に際してどのような問題があるのかということである。

そもそも、抗うつ薬や抗不安薬がどのような働きをするのかは周知の事実だが、自律神経調整薬となると、一体どのような働きをする薬物なのかが明確でない。そこで、下記の通り、抗うつ薬や抗不安薬と比べて自律神経調整薬がどういった効果を持つのか調べてみた。

【抗うつ薬】
抑うつ気分やパニック障害などの気分障害に処方される薬
(商品例) ジェイゾロフト、パキシル、リフレックスなど。

【抗不安薬】
不安を抑えるために処方される薬
(商品例) リボトリール、メイラックス、デパス、ワイパックスなど。

【自律神経調整薬】
頭痛や肩こり、全身倦怠感などの心身症を抑えるために処方される薬
(商品例) ジヒデルゴット、ハイゼット、グランダキシンなど。

上記の通り、どうやら自律神経調整薬というのは、自律神経失調症によって現れた症状に対して個別に対処するための薬物のようだ。つまり、自律神経調整薬は、向精神薬というよりは内科薬に近い。精神症状ではなく、身体症状に強く作用するからである。例えば、ジヒデルゴットは頭痛や低血圧などに効き、ハイゼットは腸の調子を整えるといったように、特定の身体症状に作用する。

とはいえ、自律神経調整薬も自律神経の中枢部分に作用する薬である。自律神経調節薬は交感神経副交感神経のバランスを調整する薬であるため、脳に作用して効果を発揮する。そのため、もしかしたら向精神薬と同じく自律神経調整薬を敬遠する人もいるかもしれない。しかし、自律神経調整薬は抗うつ薬や抗不安薬に比べると副作用が少ないとのことである。既に精神症状が前面に出ている人にとっては、自律神経調整薬はあまり良い選択肢にならないが、副作用を回避するという意味では、向精神薬ではなく、自律神経調整薬を選ぶのはありかもしれない。

私は、医師が、患者に出ている症状が仮面うつ病と自律神経失調症のどちらなのか区別がつかない場合、どのような判断をするのか調べてみた。しかし、どうも心療内科の医師にとっても両者を明確に区別する方法はなさそうである。たぶん、よくあるのは、いろいろな薬を使ってみて、患者に合ったものを継続するというやり方だろう。向精神薬の選択をする際にやる方法と同じである。

実際のところ、その患者が仮面うつ病と自律神経失調症のどちらなのかは医師にとってもどうでもよくて、医学的に定義が分かれているだけに過ぎないのではないだろうか。確かに、どちらも同じような原因で発症する病気であることに違いないし、患者からすれば、症状が同じなのだから似たようなものだ。

(参考)
どっちなの?仮面うつ病と自律神経失調症の違いと見分け方
自律神経調節薬の特徴・副作用など
自律神経調整剤の検索結果 - くすり・薬検索 - goo辞書


応援よろしくお願いします。






タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

薬物の半減期、その意味

半減期という言葉がある。薬学ではT1/2と表記する。半減期というと、私たちはつい薬物の持続時間を表すものとして捉えがちである。しかし、最近になって私はそれが誤りだということを知った。

半減期は、「薬物の投与から血中濃度が半分に減少するまでの時間」を表すが、実は、それ自体にはあまり意味はない。単に半減期は、「薬物がどれだけ早く代謝・排泄されていくか」を比較するための目安である。Wikipediaなどには、「血中濃度が半分以下になると離脱症状が出やすくなる」などと書いてあるが、おそらくそれは誤りだろう。

では、半減期という言葉は何を意味するのだろうか。本来、半減期という言葉は、薬物の持続時間を指す表現としては正確ではない。より正確な言い方は、血中濃度が25%になった時を指す「2半減期」(T1/4)と、さらに半分の12.5%になった時を指す「4半減期」(T1/8)だという。薬物というのは、(当然その薬物にもよるが、)多くが投与時点から4半減期を経過した時点で効果が安定するらしい。そのため、薬の持続時間を知りたければ、半減期ではなく、4半減期を気にした方がよい。

例えば、過敏性腸症候群の治療に用いられるイリボーは、半減期が5〜7時間である。計算のためにざっと6時間として考えると、2半減期は12時間、4半減期は24時間である。従って、イリボーの持続時間は、4半減期である24時間(1日)であり、一日一回の服用で間に合うということになる。そして、仮にイリボーを毎日服用したとすると、血中濃度は12.5〜100%の範囲で絶えず変動する。

また、さらに重要なのは、4半減期は、薬物を反復投与する場合の安全性を判断する指標として用いる場合があるということである。例えば、SSRIであるパキシルの半減期は15時間である。このことから、短絡的には、パキシルの効力が安定するまでには4半減期である35時間(1.5日弱)待たなければならないということになる。そのため、半減期である15時間が経過してもなかなか効果が現れないからと言って、すぐに追加投与すると薬が効き過ぎてしまう可能性があるのである。(本来パキシルは一日一回で問題ないはずだが。)

このように、4半減期という言葉は薬物を反復投与する場合の判断材料となる場合がある。パキシル程度ならば4半減期を気にする必要はないが、これが血圧を下げる薬物だったり、もっと身体に対する影響の大きな薬であれば慎重に判断しなければならない。

よく、「この薬の半減期はXX時間なのに、どうして一日YY回の服用で大丈夫なの?」という質問を見かける。この質問の答えはつまり、「半減期と薬の持続時間は無関係だから。」ということになるだろう。要するに、薬の持続時間と半減期を結び付けて考えること自体が誤りなのである。薬物は、血中から消失しても、目的の臓器や組織に留まって効力を発揮し続ける場合がある。そのため、半減期から直接薬物の持続時間を判断することはできないのである。

結局のところ、私たち素人には、それぞれの薬物がどの程度効果が持続するのかを判断するための基準は与えられていない。私が思うに、薬の持続時間を判断したければ、半減期よりはむしろ4半減期を目安にした方がいい。しかし、より正確なのは自分の身体に問い合わせることである。

(Wikipedia)
半減期
(参考)
薬の半減期に関する思い違い
半減期は誤解されています
第2回 薬の効き目を予測する〜定常状態のある薬〜
IBSの者です。医者にイリボーを含めいくつか薬


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

アルコールによる精神作用

これは先日気付いたことである。ある日、仕事の帰りにビールを一杯飲み、家に帰ろうとした。すると、途中でどうしてもアイスクリームが食べたくなり、コンビニエンスストアで買って帰った。私は普段甘いものを控えるようにしているので、家に帰ってから、ついアイスクリームを買ってきてしまったことをひどく後悔したのである。よく考えると、私は毎日通勤時にコンビニの前を通るが、私はこれまでそのように食欲に負けることはほとんどなかった。その時は、アルコールを飲んでいたために気が緩んだようだった。

これは考えてみていると非常に危険なことである。何が“危険”かだが、アルコールの作用は、身体症状よりも精神症状の方が早く出るようだ。そもそも、私はどちらかというと体質的にお酒は飲める方である。その時に飲んだのはビール一杯だったが、その程度では自覚症状は全くない。本を読んだり、パソコンに向かって集中して作業することも可能だ。しかし、その日は気が緩んで無駄な食品を買ってしまったのである。これは、その時点でアルコールが精神に作用していることを自覚できていない分、非常に危険だと思ったのである。

おそらく、酒気帯び運転などは、こうした気の緩みや運転への過信が原因で行なわれるのだろう。ドライバーは、自分では身体的にも精神的にもアルコールの作用は現れていないと考える。そのため、「事故さえ起こさなければ大丈夫」という軽い気持ちで飲酒後に運転してしまうのである。

どこかで聞いた話では、交通刑務所に収監される酒気帯びドライバーでさえ、「あの日は運が悪かった」と話す傾向があるという。彼らによると、刑務所に収監されたのは、“お酒を飲んで運転したから”ではなく、“事故を起こした日にたまたまお酒を飲んでいたから”というのである。そうではない。お酒を飲んで運転したから事故につながったのだとちゃんと認識することが重要である。

一般的に、お酒を飲むと、最初に気分が良くなり、集中力や判断力が鈍るようになる。私はこの段階が一番危険だと思う。なぜなら、本人にはアルコールが影響しているという自覚が全くないからである。さらに酔いが進むと、気が大きくなったり、同じことを何度も話すようになったりして、周囲から通常時と違うのが明確にわかるようになる。この時には既に身体症状も出ているので、本人にも飲み過ぎたということがわかる。

私個人の想像では、お酒で問題を起こす人は、本人はその時点でアルコールの影響が出ていないと思っていることが多いのではないだろうか。基本的に、お酒を飲むとその人の本当の性格が前面に出てくることが多い。例えば、普段は大人しくしているのに、お酒を飲むと急に周囲の悪口を過大に言ったり、お酒を飲むと部下を叱りつけるような人である。そういう人は、普段からずっと本心を我慢しているために、アルコールによって言えなかったことが出てきてしまうのである。

これまで、私はお酒で大きな失敗をしたことはほとんどない。だから、今後もお酒で失敗することはないと思っている。しかし、アルコールを一口でも飲んだ自分は、もはや通常時の自分とは違うということをしっかり認識しておいた方が良さそうだ。


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。