2015年10月18日

この記事が良いと言われた理由

もう一年以上も前になるが、「診察券のデザインが素晴らしい」という記事を書いたところ、文章が非常にきれいだというメッセージを受け取ったことがある。その時は、なぜこんな記事が良いのかさっぱりわからなかったが、久しぶりに自分で読んでみて思うことがあったので書いてみたい。

<この記事の良い点1>着眼点が良い

まず、この記事は着眼点が良いと思った。「着眼点」というのは目の付け所という意味だが、病院の診察券をテーマにした記事を書く人は少ないだろう。しかも、この記事は診察券の“実用性”ではなく、“美”について論じている。おそらく、私が病院の診察券なんてものに記事を書いたのは、その時、精神科に関するあらゆる点に目を光らせ、評価しようという意識があったからである。もし、これが普通の内科や外科だったら、別に私は診察券などに興味を持たなかったかもしれない。だから、「人の気づかないところに気づいた」という意味ではこの記事はとても興味深いものになっている。

<この記事の良い点2>異なる内容を上手に織り込んである

これは書いた直後には自分で読んでも気づかなかったことだが、この記事は診察券のデザインだけでなく、精神科に対する偏見、そのクリニックのWebサイトの美しさにまで及んで話を展開している。また、途中でシステムエンジニアの人柄について考察するなど、読者を飽きさせない工夫がなされている。(この記事を書いた時に、どの程度私がストーリーの展開を意識したかはわからないが、少なくとも話のテンポが良い。)タイトルから予想できる内容だけでなく、プラスαの内容を盛り込むことで、内容の濃い記事となっている点がとても良い。

<この記事の良い点3>結びの言葉が上手い

最後に、この記事は結びの言葉がとても上手い。結びの言葉というのは、「精神科クリニックの人気を決める別の要素があるのかもしれない。」と、結んでいる部分である。この記事をちゃんと読むと、最後のパラグラフだけが浮いているようにも見える。というのは、それまで病院の診察券や内装、Webサイトについて書いていたのに、突然最後のパラグラフだけ、話題を「クリニックの人気を決める要素」に変えているのである。実にわざとらしい。

何かで読んだが、文章を書く上で始めと終わりの部分は非常に重要で、そこでどう上手く書き始めるか/まとめるかが全体の印象を決めるという。だから、極力自然な感じで、違和感を出さないようにうまく文章の最後を結ぶのは、文章を書く上で非常に大切なことかと思われる。それが、おそらく無意識のうちにだろうが、この記事では上手くできている。だから、この記事はすっきりとまとまった印象を出しているのである。

さて、今日の記事は何だか自画自賛の記事になってしまった。まぁ、いいでしょう。どうせ私が何を書いても誰も文句は言わないはずなので。

(参考) 診察券のデザインが素晴らしい


応援よろしくお願いします。





ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

【祝】ブログ開設二年

このブログは、2015年8月22日でちょうど二年を迎えた。最近感じていることは、やはり2年が経つと書くモチベーションは徐々に落ちてくるということである。今では、このブログは長く持って3年が限度のような気がしている。

ブログというものは、日々の日常が変わらなければなかなか内容が充実してこない。書きたいテーマはいろいろあるのだが、その記事を書くに当たって良い記事に仕上げるエネルギーが湧いてこないのである。絶えず新しいことを吸収し、気持ちが高ぶっている時の方が質の高い記事が書きやすい。

また、自分自身に対して要求レベルが高くなってきたのも事実である。自分が書いた過去の記事を見ていると、「この記事はつまらないなぁ」と思うことがよくある。長くブログを続けていると、極力つまらない記事は書きたくないし、良い記事を書くのが大変だということがわかるため、パソコンに向かう前に躊躇することが度々あるのである。

さらに言えば、最近ではこのブログに変化がないためか、読者の数が頭打ちになってきた。記事を毎日一生懸命公開しても、しばらくサボっても読者の数はあまり変わらず、一定数の同じ人が見ているたけの状態なのである。読者が見てくれていることだけでもありがたいことなのだが、書いている方としては徐々に読者の数が増えていかなければ面白味はない。そういう意味でも、これ以上ブログを続けても報われない気がしている。

何だか非常にネガティブなことを書いているが、それはきっと今日のタイトルのせいだろう。今日の記事は、「【祝】ブログ開設二年」と銘打っているが、私個人としてはそれほど祝うほどのものでもないし、達成感もない。むしろ、この記事のスペースを別のもっと私が関心の高いテーマのために使いたいほどである。そう思って、ちょうど一年前の「【祝】ブログ開設一年」を見てみると、そこではタイトルには全く関係のないうつ病のことを記事にしていた。今日ももしかしたらそうすべきだっただろうか。

あと、やはりこのブログで物足りないのは、読者からのフィードバックがないことである。つい先日、記事「FBを活用したフィードバック収集」でも述べたが、誰の意見ももらえないままでは、ブログが良くなるはずもない。しかし、公に意見を求めれば誹謗中傷も多くなるだろうから、意見を求めるということは諸刃の剣ということになる。決して攻撃的でない意見を、率直に流してくれる一定数の集団が必要である。

とはいえ、最近のFacebookを見ると、年齢層は上がり、非常に面白くない投稿ばかりが目に入る。もうSNSの時代は終わりそうだし、ブログとFBTwitterを連携させるのにも無理があるだろう。何だかんだ言って、私は世界の全てに対して否定的な見方をしているようだ。これで他人の率直の意見を受け入れることなどできるだろうか。

(参考)
FBを活用したフィードバック収集
【祝】ブログ開設一年


応援よろしくお願いします。





ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

FBを活用したフィードバック収集

一年ほど前、Facebookアカウントを公開していたことがある。今はそのアカウントは削除してしまった。私は、FBは「究極の暇つぶし」だと思っているが、ブログの読者といくらか交流できたこともあり、まずまず楽しめたと思っている。当時、ブログの読者から感想を頂くことが幾度となくあり、そういったことは非常に自信につながった。

今、そのFBアカウントを作り直すことも考えている。というのは、FBというのは、ブログのフィードバックを得るにはちょうど良いと思ったからである。以前、ブログのコメント欄をオープンにしていた時、匿名の中傷がたくさん書き込まれて困ったことがある。私の書く文章はかなり独特なので、一部の人には嫌われる傾向があるようだ。まぁこれだけたくさんの記事を書き、自分の意見表明をしていれば叩かれるのは当然だろう。しかし、私は悪意のない率直なフィードバックを求めているのである。

徐々にわかってきたことだが、インターネットの匿名性という性質上、ブログのコメント欄には悪口批判を書きやすいようだ。一方で、FBは実名制なので、FB上から他人を批判するのは一定のハードルがある。これは、仮にFBをニックネームで登録していても同じで、自分のアカウントが簡単に移動できない以上、他人を批判するのは容易ではない。下手なことを書くと、逆に自分が憂き目に遭う可能性があるからである。同じ理由で、自分のブログから他人をストレートに批判をするのも難しいらしい。

注意しなければならないことだが、FBは現実の人間関係と非常に近い世界を構築しているため、一度始めると、非常に多くの時間を費やすことになるということである。私がFBを止めたのもそれが理由だった。一年ほど前、私はFBアカウントを公開していたが、土日に投稿をしたり、他人の投稿に「いいね!」コメントをするのが習慣になり、多大な時間を浪費していた。FBアカウントを公開していたことで新たな読者が付いたとは思えない。結果として、得られたものは何もなかったのである。

何というか、FBは面白いのだが、使い方が非常に難しいと思う。私は、FBを効果的に利用して、現実的な利益につなげている人を知らない。FBを使ってイベント広告を掲載したり、お店の集客につなげようとしている例は多々見られるが、彼らがそれによってどの程度の効果を上げているのか疑問である。

一番多いのは、特に女性だが、自分の写真を毎日載せてセルフブランディングを高めようとしているものである。メイクアップアーティストだとか、美容整形みたいな職業で集客効果を高めようとしているのをよく見かける。彼女たちの多くは既に「友達」の人数が上限の5,000人に達していて、一枚写真を投稿する度にたくさんの「いいね!」が付いている。彼女たちは自分たちが有名人になったつもりでいるのかもしれないが、どうも勘違い感が否めない。

私は、別に自分が有名人になりたいわけではない。しかし、自分のブログに対して率直なフィードバックを求めている。今は、そうするにはどのような方法が一番効率的か考えを巡らせている段階である。フィードバックを得るに際し、荒らしスパムにフィルターをかけられる方法なら何でも良いと思っている。

私は、何事も改善していくことが大事だと思う。特に、ブログでは自分が変わらなければ新しいことが書けない。何か変化がなければ価値を生み出すことは難しいだろう。

(Wikipedia)
セルフブランディング
(参考)
日本はスマートフォンの時代へ
Facebook疲れをした人のために


応援よろしくお願いします。




ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。