2015年10月30日

日本に憧れる外国人たち

日本という国は、外国人、特に西洋人にとっては非常に興味深い国らしい。稀有な歴史と文化を持ち、道徳心と倫理観を失わずに、素晴らしい経済規模と生活水準に発展した国である。日本人は清らかで美しい心を失ったという声も聞かれるが、諸外国に比べれば依然として非常に高い民度を維持している。

私がよく聴くアーティストでも、日本に魅せられた人が何人かいるようだ。例えば、米国のポーター・ロビンソンである。彼は自分の音楽のいくつかに日本の要素を取り入れている。Wikipediaには、彼は日本のゲームやアニメをきっかけに作曲を始めたという記述もある。

彼の音楽「Flicker」では、PVに日本の列車から見える風景を映し出し、歌詞には「私はちょうど何が重要か」という日本語を何度も取り入れている。洋楽にもかかわらずである。

【ポーター・ロビンソンの「Flicker」のPV】
Porter Robinson_Flicker.jpg

また、英国のバンド、クリーン・バンディットは、「Rather Be」という音楽のPVを築地や渋谷などで撮影している。また、歌詞は英語であるものの、よく聞くと「With every step we take, Kyoto to the Bay.」(私たちが歩む一歩一歩は、京都からあの海へ続いている。)という言葉が出てくる。何の前触れもなく突然「京都」という単語が出てくるところが驚きだが、要するに、この歌詞全体は日本を指しているということだろう。そして、彼らには日本に対する好意が感じられる。実際、このPVはメンバーの一人が日本を旅行したことがあり、いつか築地で撮影したいと思っていたことから実現したんだそうだ。

【クリーン・バンディットの「Rather Be」のPV】
Clean Bandit_Rather Be ft. Jess Glynne.jpg

ところで話は変わるが、私はこれまでの前世で日本に生まれたことはないと確信している。理由はいろいろあるが、私は自分の前世について常に考察しており、スピリチュアル的にもそれらしき感情や気づきが見当たらないというのが簡単な理由である。

しかし、少なくとも今回の人生で私は日本に生まれた。おそらくこれは私にとって初めての経験で、非常に貴重な人生の一つになるだろう。生まれ変わりのプロセスはよくわからないが、今のところ可能性が高いのは、「経験したことのない人生を経験する」というチェックリスト方式のものだ。もしそうであれば、何かこの人生でやり残したことがないか、よく目を凝らして毎日を過ごさなければならない。

(YouTube)
Porter Robinson - Flicker
Clean Bandit - Rather Be ft. Jess Glynne
(Wikipedia)
ポーター・ロビンソン
クリーン・バンディット


応援よろしくお願いします。





ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 映画・TV・音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…

で始まるのは、言わずと知れたSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの冒頭だが、私はそれよりもむしろ言葉そのものにを気に入っているようだ。本当は、私は今日、「昔、こんなことがあって…」という流れで記事を書き始めようとしたのだが、なぜかその瞬間にタイトルの言葉を思い出し、それをブログのタイトルにしてしまった。(「昔」という一語しか共通点がないが。)

とはいえ、私は映画「スター・ウォーズ」シリーズは非常に好きである。せっかくタイトルをこのようにしたので、少しスター・ウォーズのことを書いてみようと思う。

スター・ウォーズの見どころはいろいろあるが、個人的にはスター・ウォーズは、ハリソン・フォードナタリー・ポートマンを楽しむための映画だと思う。映画というものは、シリーズ作品になると映画の内容ではなく、出演している俳優が見どころになることが多い。

例えば、映画「007」シリーズは非常に長く続いている映画だが、一つひとつのストーリーを細かく説明できる人は稀である。大抵の人は、「ジェームズ・ボンドの何代目が誰々で…」という程度しか記憶にない。それでも、シリーズ全体を通して歴史的な作品となっている。これは、007シリーズ自体が俳優を楽しむために見る映画と化している証拠である。(特に007シリーズは、ボンドガールを演じる女優が誰かも重要である。)

スター・ウォーズはといえば、ハリソン・フォードがエピソード4〜6に出演し、ナタリー・ポートマンがエピソード1〜3に出演している。もはや、6つも作品ができていると、容易には俳優を交代させることができなくなるのだろう。出演する俳優の成熟に伴い、映画のストーリー自体を捻じ曲げることもあり得る。(記事「AI研究のターミネーター化について」では、アーノルド・シュワルツェネッガーが年を取ったまま出演していることについて少し書いている。)

ハリソン・フォードは既にかなり年配の俳優だが、2008年には映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」でハードなスタントをこなした他、70代の今でも新しい映画に出演するなど精力的に活動していることが知られている。2015年に公開予定の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」では、30年ぶりにハン・ソロ役で出演することが決定しているので、どのような登場の仕方をするのか非常に楽しみである。

また、ナタリー・ポートマンを目当てにスター・ウォーズを視聴する人も多いだろう。ナタリー・ポートマンは、スター・ウォーズではアミダラ女王役で映画に登場したが、その頃の彼女は今より若いこともあり、非常に美しい。ただ、2015年の次作には出演しない方向である。(エピソード7ということで年月が飛んでいるので演じるのは不可能からか。)ただ、ナタリー・ポートマンの直近の代表作とされる映画「ブラック・スワン」では、彼女の演技は非常に美しく、映画自体の評価も高いものの、私にとってはなぜかあまり好みの映画ではなかった。

映画というのは、人の記憶をその瞬間のストーリーに閉じ込める力があると思う。私にとってナタリー・ポートマンが一番記憶にあるのは、映画「レオン」である。彼女は当時12歳だった。別に、私は幼い少女に興味はないが、その時の彼女の演技には感銘を受けた。そのせいもあり、私の中ではジャン・レノナタリー・ポートマンの2人は、あの瞬間の映画で止まっている。

余談だが、ナタリー・ポートマンは非常に頭が良いらしい。彼女はハーバード大の心理学部を卒業しているという。Wikipediaにちゃんと書いてなかったので、最初中退かと思ったが、しっかり卒業していた。(米国の大学は卒業が難しく、著名人は特に中退が多い。)さらに彼女は、母国語である英語ヘブライ語の他、フランス語ドイツ語アラビア語を学んでおり、日本語も少し話せると言う。私は語学に造詣が深い人物は頭が良いと思うし、頭が良い人は好きである。

今日の記事はこれで終わりである。思いのほか、スター・ウォーズ以外の映画にも話が及んでしまった。これは私がいろいろな映画をこだわりを持って見ているからだろう。私は今では、精神医学のことよりも、映画のことの方が納得のいく記事が書けるらしい。

(Wikpedia)
スター・ウォーズ・シリーズ
ハリソン・フォード
ナタリー・ポートマン
(参考)
AI研究のターミネーター化について


応援よろしくお願いします。





posted by 良源 at 00:00| 映画・TV・音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

最高の音楽と映像さえあれば

私は、暇な時というのは大体YouTubeを見ている。本来、やるべきことがたくさんあるので、暇な時というのはあるべきではないのだが、とにかくそうしている。最近、思ったことは、人は最高の映像と音楽さえあればそれだけでけっこう足りるものだということである。

下の動画、デューク・デュモン「I Got U」のPVでは、雨の日に家でリラックスしている男性が、宅配便で届いたウェアラブルデバイスを使って疑似的に世界中を旅行するというストーリーになっている。

【動画に出てくるウェアラブルデバイス】
I Got U_01.jpg

このデバイスを使うと、まるで自分が世界の別の場所にいるかのような体験できる。これは、ある意味陳腐化したアイデアではあるが、現代の技術を持ってしても未だに実現していないものである。彼はこのデバイスを使い、下のようなクルーズ船に乗ったりと様々な旅行を楽しむわけである。そこに登場する人物もリアルに会話したり、コミュニケーションすることが可能のように見える。

【ウェアラブルデバイスを使用した旅行】
I Got U_02.jpg

手っ取り早いのは動画を視聴してもらうことだが、ここまで見たところで、動画と現実のリアルな体験ではどう違うのか考えてみてほしい。

私は、映画や動画をよく見る。いつも感じていることは、映画や動画では、本当に旅行するほどのリアルな体験はできないが、そこで起きていることにまずまず近い体験はすることができる。上の動画で使用されているようなウェアラブルデバイスは、それが本当に仮想的な空間を体験できれば素晴らしいが、私はそこまでもしなくてもいいかという気がしている。

映画や動画は、一方通行である。そして、そこに五感をフルに活用したコミュニケーションはない。そこが、実際の体験と違うところだ。しかし、それが一方通行でなくなったらどうだろうか。この動画のように、仮想的な空間の中でコミュニケーションが発生し、現実の生活と変わらない体験ができるとしたら。それはとても面白いことだが、きっと扱いづらいものになるだろう。Facebookオンラインゲームの世界では、事実、現実世界に近すぎるため、長時間使用すると実際の生活と同じように疲れるということが起こっている。

今、ウェアラブルデバイスの実用化はまだ始まったばかりである。きっとこの体験デバイスが完成するのに、あと100年はかかるだろう。人の五感や認知能力を完全に仮想空間に移動し、コントロールするということは、技術的には非常に難しいことだ。また、その中で登場する人工知能が完成するのもまだ先のことだろう。これに近いものは遠くない未来に出てくる可能性はあるが、この動画通りの内容が実現するのは、私たちが生きている間には難しい気がする。

もしこんなに簡単に旅行できるとしたら素晴らしいことである。しかし、このようなデバイスで頻繁に旅行するというのもすごく神経がすり減ることだろう。何よりも、今の映画や動画のように、最高の映像と音楽さえあれば十分足りることだと思う。

(YouTube) Duke Dumont - I Got U (Official video) ft. Jax Jones
(Wikipedia) ウェアラブルコンピュータ


応援よろしくお願いします。




ラベル:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 映画・TV・音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。