2015年10月03日

喪失体験の正体

※この記事のタイトルは、kyupin先生のブログカテゴリの一つ「内因性の正体」のオマージュである。

先日、知人のお父さんが突然死した。自殺などではなく、心臓が原因の病死だった。亡くなった本人は前日まで普通に生活していたらしいが、ある日突然朝起きて来なかったそうだ。その影響で、お母さんが精神的に大きなダメージを受けてなかなか立ち直れずにいるという話を聞いた。

人が亡くなる場合、病気でゆっくりと死ぬよりも、突然死する方が周囲にとってダメージが大きいらしい。心の準備ができないからである。後に残される人々にとっては、お別れの言葉も言えないし、してあげられなかったことを後悔することも多いだろう。何より、その瞬間まで故人がいない生活というのを想像できないというのが一番大きい。たぶん、人の死に方で、亡くなることが前もって予想できるかどうかが、周囲の人の精神に大きな影響を与えると思う。

話は変わるが、ある時、霊能力者がこんなことを言っていた。

「私は亡くなった人と話ができますが、それでも悲しみは消えません。彼らと私たちでは住んでいる場所が違うんです。だから、話はできても悲しいんです。」

これはどういうことだろうか?その能力が本物かどうかは別として、亡くなった人と話ができても悲しいのか?私はこれについて少し考えてみた。すると、確かに何となく理解できそうな気がした。

例えば、あなたの身近にいる人が亡くなったとしよう。でも特別に、あなただけは故人と電話では話すことができる。亡くなった人と会話したければ、いつでも電話で話せる。でも、一緒に住むことはできないし、その人の映像も見ることはできない。故人がこちらの世界に影響を与えるようなこと(例えば、物を送るとか)は何一つできない。この状況はどう思うだろうか?私は、非常に悲しいと思う。この状態には、何かが欠けている。

この状況は、ホームシックと似ている。私は海外でしばらく一人で生活したことがあるが、私にとって最初の数週間は、家族がおらず、周囲と言葉も通じなかったため、非常に寂しかった。電話やインターネットで日本にいる家族と会話はできたが、それでも辛かった。この時感じたのは、“人間は、近くにいないと心の支えにならない”ということである。遠く離れた日本にいる家族がどうして自分の支えとなるだろうか?私は自分で道を切り開くしかなかった。

おそらく、喪失体験の正体は、そういう感覚と大きくは外れまい。喪失体験は、“単に会えないだけ”ではなく、“二度と会えない遠くに行ってしまった”という脳の認識の仕方にあるのかもしれない。脳は、故人が亡くなって会えないという状況を、「実際の物理的な距離」として認識しているように思える。まして、霊能力者でもない人が身近な人を失えば、一切の通信の手段を失う。それが心に大きなダメージを与えるのだろう。

昔から、私たちは人が亡くなることを、「旅立った」とか「見送った」と表現してきた。意外にも、喪失体験の正体は、このような言葉に如実に表されている。


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

Not Taking Risks is a Risk

最近、ログミーでTEDのまとめを見ていたところ、「Not taking risks is a risk」という文字が目に留まった。これは、社会起業家の小林りんさんが述べた言葉である。(参考)

「Not taking risks is a risk」は、「リスクを取らないことがリスクになる」という意味である。TEDの動画の中で、小林りんさんは、「次世代の子どもたちにとって、リスクの取り方や困難な状況を乗り越える方法を学ぶことが必要不可欠である。」と述べている。

小林りんさんは、インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)の代表理事を務める教育者である。彼女の経歴がWikipediaに載っているが、これが非常に華々しい。彼女は東京大学を卒業後、スタンフォード大学にて修士号を取得し、モルガン・スタンレーの日本法人やユニセフに勤務した経験を持っている。つまり、彼女は自分の行動を通して道を切り開いていくタイプのエリートである。

私は、彼女の「Not taking risks is a risk」という言葉は、彼女自身の経験から出てきたものだろうと思う。失敗を恐れず、リスクと取っていけば、リターンは大きいというものだ。しかし、私のように普通のサラリーマンから見れば、本当にこの考えが正しいかどうかは疑わしい。

まず、私が思うに、ここでは“リスク”という言葉があまり明確でない。リスクとは、「あることをすると、危険に遭う可能性や損をする可能性があること」を示すものであるが、これは個々人にとって意味が全く異なってくると思う。

例えば、私にとってリスクと言えば、「会社を辞めて起業する」とか「海外に単身留学して職を探す」ということがそれに当たるだろう。もちろん、現在の慣れた職場を辞め、単に転職するということも小さなリスクになる。しかし、私にとってそのリスクを取るに値するリターンがあるかどうかはわからない。

ちなみに、私はこれまでの人生で今まで大きなリスクを取ったことはない。大学を卒業して普通に就職し、安定した職に就いている。結婚もしていないし、家やマンションも買ったことがない。しかし、この普通のリスクを取らない生活が、“リスクになる”というのが小林りんさんの主張のようだ。端的に言えば、私はその考えには反対である。

私は、この世界にはいろいろな人がいて良いと思う。小林りんさんのように、次々とやりたいことを見つけて所属を変えていくのも良いし、私のように一度自分の居場所を見つけたら、そこにできるだけ長く居続けようとするのも良い。少なくとも、その経歴だけを見て、「リスクを取っていない」と言われるとすれば、それは非常に不快である。

私はリスクを取っていないが、これまでに常に最善の選択をしてきたつもりである。それは私が単に失敗を恐れているからではなく、“取り返しのつかない失敗をしたくない”からである。私は、できれば同じ会社の上司たちのように、今の会社を定年まで勤め上げる人生を送りたいと思っている。

「Not taking risks is a risk」という言葉は、非常に聞こえはいいが、何か選択を迫られた時、常にリスクを取るのが正しいわけではないと思う。

(YouTube)
Creating Tomorrow's Leaders Today: Lin Kobayashi at TEDxKyoto 2013
(Wikipedia)
小林りん
(参考)
「悲観は気分、楽観は意志」 学校をつくるために"寄付金15億円"を集めた教育者が語る、未来の切り拓き方 - ログミー
小林りん(Lin Kobayashi) ホームページ


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

自閉症の天才、ジェイコブ・バーネット君

前回、ギフテッドである矢野祥君のことを書いたが、今日はもう一人天才少年を紹介しようと思う。彼は、ジェイコブ・バーネット君という1998年生まれのアメリカ人である。

ジェイコブ君が最初に有名になったのは、2012年にニューヨークで開催されたTED×Teenでプレゼンを行なったことがきっかけだと思う。彼は、それ以前にも10歳(※)でIUPUI(米インディアナ大学−パデュー大学インディアナポリス校)に入学し、2011年にTime誌で紹介されるなど、注目される人物であったが、TEDの動画という形でYouTubeに拡散され、世界中にその名を知られることになったようだ。

※彼が大学に入学したのは8歳の時だとの記述も見かける。

彼は、3歳の時に5000ピースのパズルを完成させるという類まれな集中力を見せ、成長するにつれ紙に幾何学模様や計算のようなものを書き始め、やがて窓に公式を書きなぐるようになったという。彼は現在、カナダにある理論物理学ペリメーター研究所の博士課程に在籍している。

ところで、面白いことに、彼は生まれてから2歳で自閉症と診断されたという。というのも、2歳の時の彼は、言葉を話さず、細かいことに集中し、まるで何も考えていないかのように見えたためにそのように診断されてしまったようだ。彼自身によると、彼は空中を見据えたまま、そこにある光の反射や影について考えていたというのである。医師からは、「彼は一生学習しないし、考えることもない、話すこともないし、靴のひもを結ぶこともない。」と言われたらしい。

ちなみに、最近では、どんな赤ちゃんも本当は言葉を話す前から論理的に思考しているということがわかってきている。それに関してはこちらの動画に詳しい。

ただ、彼の類まれな集中力のせいか、彼は現在でもアスペルガー症候群と診断されており、その症状を克服するために日々努力している。この話を聞くと、天才というのは確かに一筋縄ではいかないということがわかるだろう。

では最後に、彼はギフテッドなのだろうか。前回の記事で紹介した矢野祥君は、明らかに優れた能力を持つギフテッドだった。しかし、今回紹介したジェイコブ君には、「自閉症」「アスペルガー症候群」という精神疾患がつきまとっている。これは、全てをうまくこなしているように見える矢野祥君には見られないことである。

私はこれらの2人はインターネットの記述で知ったに過ぎないので、彼らが精神面でどのように普通の人と異なっているかはわからない。しかし、事実として、ギフテッドの児童は注意欠陥・多動性障害(ADHD)自閉症と診断されてしまうことが多く、注意が必要だという。

私には、「ギフテッド」という言葉は、「全てを簡単にこなす天才児」という意味を含んでいるように思えてならない。しかし、仮にジェイコブ君が重度のアスペルガー症候群であったとしても、彼が社会に多大な貢献をしているという意味では、ギフテッドに違いはないだろう。

(YouTube)
Forget what you know | Jacob Barnett | TEDxTeen
(TED)
ローラ・シュルツ: 驚くほど論理的な、赤ちゃんの心
(Wikipedia)
Jacob Barnett
ギフテッド
(参考)
ギフテッドと矢野祥君
13歳少年 IQ170の天才の条件は「学ぶことを今すぐやめよう」 - ログミー
アインシュタインよりIQの高い12歳、ビッグバン理論の論破を目指す
【天才】14歳で大学院生「IQ 170の天才少年」“天才になりたければ学ぶことを止めろ"


応援よろしくお願いします。




タグ:記事一覧
posted by 良源 at 00:00| 脳科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。